自律神経失調症と筋肉の出来事からの考え

筋肉と自律神経失調症は関係あると思う。

身体を鍛え筋肉をつけるということ

まず、身体を鍛えて筋肉をつけることによって、一種の身体的な自信をつけられると思います。

その筋肉を鍛えて自信を持つと不思議と自律神経も鍛えられるのか、あまり低気圧の影響など、

自律神経失調症の症状がでないように自分は出来事しました。

筋肉痛から自律神経失調症

しかし、筋肉を鍛える上で筋肉痛になると多少自律神経が乱されると思います。

それは、筋肉が一時的に筋肉痛で硬くなり、様々な体液が体中を回るのを阻害しているからじゃないのかな?と思います。

筋肉にはレキソタンも関係してくると思います。

レキソタンは身体のコリもほぐしてくれる

レキソタンの作用で凝り固まった体の部分などを凝りほぐしてくれる作用もあるらしい。

レキソタンの事を調べたら書いてありました。

緊張してる体を緩めるなどの意味があるとは思います。

だから、レキソタンを飲むときに、筋肉を凝りほぐしてくれるという気持ちも込めて飲んだりしてます。

整体の人にも、通い始めの頃今日はお薬を飲んでますか?と聞かれたのも、筋肉もしくは体の凝り部分の加減を聞きたいがために質問されたのだと思う。

筋肉ほぐれてるのはレキソタンのおかげか、なんなのかわからなくなってしまうからね。

まあ、自分は2年以上レキソタンを飲み続けているのだから、そこまでレキソタンの緊張した筋肉が緩む感覚がほとんどわからなくなってるかもしれない。。

緊張すると体がどうしても内向きになってしまい、猫背・肩が内向きに向いてしまいます。

そうすると、しっかり呼吸ができなかったりして悪いことしかないので、気をつけましょう。

そういうときこそ、緊張した筋肉を凝りほぐしてくれる、レキソタンがいいのかもね!


レキソタンに関連する記事のカテゴリーで人気記事

まだデータがありません。