レキソタンを少しずつ減薬してます。

久しぶりの日記ですが、最近大きな新しい動きをしているので、それを記事にしますね。
パニック障害になってから、何回か減薬をしようとしていたのですが、なかなか薬のレキソタンを減らすのには困難をきわめました。

その中、今回の減薬は今までで最長に減薬し続けています。
といっても、一錠を半錠に割ってるだけですが、、

レキソタンと漢方の併用

レキソタンと漢方の飲み合わせは良いと思います。
なので併用もおすすめです。
ここまでくるのに、ある出来事がありました。
いつも行っている心療内科の先生が漢方を勧めてきたんですね。
その漢方の名前は「加味逍遙散(かみしょうようさん)」というもの、
漢方自体は自分自身すごく信頼しているものであり、なるべくなら西洋医学の科学的な力で治療をしたくないと思っているので、有効活用できたらなーと思っていたんですが、
以前に、漢方であまり良い記憶に残らない形で終わったこともあり、あまり今回も勧められてもそこまで本腰は入れようと思ってなかったんです。。

心療内科からのおすすめ漢方

しかし、心療内科側から今後は薬(レキソタン含む)を国からあまり出すなように言われているようで、
先生も漢方の方に頼りざるおえなくなった感じでした。
その時、薬は多くだせなくなったが、漢方の方でその分補ってくださいとのことで、今回の流れになりました。
もちろん、漢方にはパニック障害とか自律神経失調症を直せるといった力があるとその先生はいっておりました。

実際にレキソタンを減薬していくと

そして、レキソタンを半錠減らして、「加味逍遙散(かみしょうようさん)」を朝食前と夕食前とで一袋ずつ飲んでいるのですが、これがなかなか効いてると思います。
このパターンの飲み方になって、はや一ヶ月間ぐらい、変な不安感や動悸なども起きていません。
これは減薬いけんじゃないか?と思って今回、近況も含め記事にしてみました。
「加味逍遙散(かみしょうようさん)」おすすめです。
自分も肝臓に負担がかかるレキソタンとは早めにおさらばしようと考えていたので、少しずつ減薬していけたらと思っています。
あ、あと肝臓が少し生き返って体の機能がアップしたのか、体重が4キロ減りました!
長年レキソタンを飲んでいる方は、漢方に変えてみてはいかがでしょうか?


減薬、断薬の記事のカテゴリーで人気記事

まだデータがありません。