疲れはパニック障害に大敵!疲れを翌日に持ち越さない方法

最近忙しくて、体を酷使した結果、疲れを翌日に持ち越さずにパニック障害を軽減する方法を気づくことがありました!

疲労とパニック障害の関係

パニック障害は身体の疲れや疲労感により、乳酸が身体にたまりパニック障害を誘発すると言われてるようです。

なので、体を疲れさせない方がいいかもしれませんね。

また、自分の経験ではやはり自律神経のアンバランスからパニック障害が起きることもあるようです。

血流が滞っていたり、疲労物質が筋肉にできてしまうからだと思います。

酷いときだと軽く頭痛もしてきますよね。。

そこで、疲労を当日の内に対処する事によって、翌日には疲労感がなくパニック障害になりにくい状態にしようというお話です。

どうやって疲労感をなくすか?

自分の場合は、身体を揉んだりたたいたりはしません。

下記が疲労を翌日に持ち越さずにパニック障害の予防をするための順番です。

  • 家に帰ってきたらご飯の前にとりあえず、自由に横に寝ます。
  • 横に寝てからある程度時間がたったら、ヨガの基本的な動きをしていきます。
  • 同時にストレッチの動作もします。
  • その後、蒸したタオルを目の周りにかけた後、肝臓付近にもかけ、目と肝臓を温めます。これが物凄く効果的に軽い頭痛をなくしてくれます。やってみるとわかりますが、さっきまでの頭痛はどこにいった?と不思議に思います。
  • ご飯を軽めに食べます。
  • 少休憩をしてから、お風呂に入ります。
  • 湯船の中で瞑想をします。
  • 瞑想が終わりましたら、足の裏を指圧、頭のマッサージをします。この時驚くほど頭皮が固くなってるのがわかると思います。
  • お風呂から出て早めに床につきます。

という感じの流れで一日を終えるとその日の疲労などは翌日には持ち越さないと思います。

ぜひ試してみてください。


パニック障害の原因と対応のカテゴリーで人気記事

まだデータがありません。