パニック障害と電車の出来事とその克服方法

電車の耐えきれない度はそこまでないけど何かの参考程度に

パニック障害が発症した最初の頃は酷かった。。

まず会社で発症して、必死に正気を保ちながら動悸が止まらないまま電車に乗り、とにかく必死に家に帰る事だけを考えてた。

今考えるとよく何もなく家に帰れたと思う。例えば、途中で過呼吸とか気が狂うとか誰かに危害を与えてしまうとかよくなかったと思う。

それ以来、会社には行こうと思っていたので電車には乗るのだか結構耐えられない状態だった。

電車の中で、予期不安・動悸・居心地の悪さは半年間ぐらい続いた。

その時の対応策として効果的だったのが、

  • 息子の写真  これを見ると癒される
  • ゲームアプリ  気が紛れる
  • ウォークマン  これも気が紛れるしリフレッシュする

これらをする事で徐々に電車で発症する大半の症状は軽減された。

もちろん、日常でのストレス解消、パニック障害改善方法などを試してる日々の成果もあるとは思います。

今でも予期不安は少しあったりして、汗が出たり気分悪くなるけど、良い日もあるし悪い日もあって当然!こういうもんだよね。と自分に言い聞かせあまり気にしないようにしています。


パニック障害の原因と対応のカテゴリーで人気記事

まだデータがありません。