ここぞという時にお酒

これは自分の出来事なので、必ず全ての人が当てはまるとい事ではありません。もちろんレキソタンのむタイミングはずらしました。

いやー、金曜日に夏期休暇の1日を会社から貰いお休みしておりました。なので、このブログの更新がてきなかったのです。。

実は自分先々週末に渋谷で一人でライブしました。もちろん?音楽のライブです。ちゃんとしたライブハウスですよ~

まじめに2週間前からその事で頭がいっぱいになり、副業の忙しさと本業の忙しさでイライラソワソワして体調を崩してました、、少しですが、、

もちろん、ライブを一人でライブハウスでするのでちゃんとできるか不安感と緊張感を感じてました。

そこで、お酒の登場です。いつも飲んでるレキソタンは飲みタイミングをずらして、ライブ前にアルコールを飲みました。アルコールといってもサワー一杯程度ですが、、

飲み終わり居酒屋からライブハウスに戻るときにあまりのいつもと体も心も変わっていなさに気づき、あ~もう少しアルコール飲んでおけばよかったのかと少し後悔。。

そうこうしているうちに自分のライブが始まりました。お!指が緊張で震えない!心に不安感がなく自身の作ったビートに安心してのれる自分がいました。

ほとんどというか、自分で自覚しているのはまったく酔ってはいなかったのですが、ほぼベストなコンディションでライブをできました。

自分が考えるに、少しでもアルコールを飲んでたのが大きな理由だと感じます。

いつも飲んでいるレキソタンの効能がアルコールにも一部あり、それプラスアルコールの良い部分がでたのかなーと1人分析。


パニック障害の原因と対応のカテゴリーで人気記事

まだデータがありません。