ストレスから逃げる!

自分自身の体が本格的におかしくなる前に、これしかありません。

若い十代、二十代の頃はガンガンといろんなストレス、時間や人と向き合っていました。

しかし三十代で経験したパニック障害からストレスに対して弱くなってしまいました。

今でさえストレス対策を自分なりにいろいろしてますから耐えられる?ものの、ちょっとした小言とかで胸がキューとなったりそれこそ不整脈のような症状もでました。

とりあえず、本格的に体を壊して動けなくなるより、なんで体を壊してしまいそうになるのか考えその原因から離れましょう。

体の不調はストレスが起こしてる事が多いと思います。自分の経験上ですがね。

若い頃いろいろ無茶してきたからわかるんですが、ありゃ自分自身ではなんとかなりません。

多分気合いもなくなってきてるとは思うのですが、それを差し引いてもストレスに対する体の不調に立ち向かうのは無理だと自分は感じました。

だから逃げましょう。逃げたぐらいで何も起こりません。あと、挽回もできると思います。もっと、自分中心でそこはいいんでない?と思います。

ちょっと最近自分の近くで起きた出来事から感じ出来事して考えた事です。


パニック障害の原因と対応のカテゴリーで人気記事

まだデータがありません。