眠い時にパニック障害は起きにくい!

薬によって眠気がでたりしますが、その眠気を有効に使ったお話です。

強い眠気が勝る

飛行機に乗る機会がありました。

朝4時に起きるというかなりの早起きをして、お昼前の飛行機で離陸する前に寝るという事をしました。

その時は、あらゆる感情、環境より眠気が優先したような感じでしょうか。

飛行機乗る不安感もなかったですし、
その眠気がパニック障害の症状を抑えてくれたような気がします。

こういうパニック障害を対処した出来事を体と心に刻んでいくと、知らない間にいろんな事が自然に耐性がついていくと思います。

パニック障害の抑制方法は眠気

普段の生活の中でも試してもらいたいのが、眠気による不安症、パニック障害の症状の抑制方法。
自分の場合ですが、眠い眠いと思っていると体が自然と本当に眠くなってきます。

例えば、薄目で目を開いてるとか、あくびをしてみるとか、難しい本を読んでみるとか、とかとか
その特性?を利用するのです。

それとやはり重要なのは深呼吸ですね。

眠気に耐えてみる

まあ、眠くなりだした後のちょっとした眠さに耐える部分では、不安症などになりやすかったりするとは思いますが、そこを耐えると少し頭がボーっとした感じになってくるので、

その間はスーパーマリオでいうところの無敵状態です(笑) 
不安症、パニック障害になりそうな場面で、

その無敵状態を作ってあげることで不安症、パニック障害の症状を抑えることができると思います。


パニック障害の原因と対応のカテゴリーで人気記事

まだデータがありません。