パニック障害の夏の対策

東京は9月に入って大分気温が落ちついてきたけど、まだまだ暑い日はありそうですね。
その間、様々な災害が起きた日本でした。
亡くなられた方々にお悔やみ申し上げますとともに、甚大な被害を受けられた皆さまに対して、心よりお見舞い申し上げます。

実は私は申し訳ないですが、あまり災害などのニュースは意図的にあまり見ないようにしております。
というのも、やはりかなり気持ちが引っ張られてしまい、不安感が大幅にでてしまい、日常的に対処している方法では対応できなくなってしまうからなんです。

パニック障害の夏の過ごし方について

蒸し暑かったりすると、すぐに体が夏バテてしまいその疲れ方がパニック障害を誘導することもあります。
真夏日などは、外にでると空気が熱く、イメージ的にすごく重く感じられる事もあると思います、その重い空気というイメージ感が、呼吸を更に息苦しくさせたり、あまり空気を吸えてないんじゃないのか?というご認識になり、パニック障害特有の息苦しさにつながってくると思います。

そもそも夏バテに注意

パニック障害で夏バテで体が異常な状態になれば、それを心が感知し、不安な気持ちが増幅され、さらに体にその不安な気持ちが作用され、最悪なパターンになってきます。
パニック障害の悪循環のパターンですね。
なので夏バテに注意するため、こまめに水分補給したり、暑すぎる場所がなるべく回避して過ごしてください。

暑さで息苦しさを感じたら

自身の体に負担をかけない涼しいところに移動しましょう。
涼しいところに移動しても、まだ不快感があると思います。
そうしたらあとが深呼吸で体と心の動揺を元に戻してみましょう。
深呼吸は、自身の体でただ一つの自律神経を整える動作になります。

夏び食べ物にも注意

夏はどうしても、食べやすいものばかり食べてしまいます。
例えば、ソーメンや、果物などなど食べ過ぎなぐらいに食べてしまいます。
しかし過度な満腹感はパニック障害の誘因になります。
こちらもぜひ注意を!

パニック障害は夏に悪化する事が多いと感じます

毎年夏を迎えてパニック障害が悪化して夏が怖いというパニック障害の方もいるかと思います。
夏場はどうしても台風など日本列島にきて気圧の変化でパニック障害の症状が悪化したりします。
なので、最初の話の、夏は暑さで空気が重い事と気圧の変化でイメージ的に夏はパニック障害が悪化する季節だという認識が多いのかもしれないですね。

まだまだ暑さは続くと思いますが、あと少しで夏も終わりです。
日常の創意工夫をもって、パニック障害を克服していきましょう。


パニック障害の原因と対応のカテゴリーで人気記事

まだデータがありません。