小指に湿布は自律神経失調症やパニック障害に効果あります

あくまで自分の出来事ですが、おすすめできます。

自律神経のアンバランスとパニック障害

自律神経失調症とパニック障害になり、毎日が不安定でいっそしんだほうがマシと思っていた時期。

子供も一歳ぐらいで、仕事を辞めるわけにもいかず、なんとか仕事をしながらパニック障害を克服する方法を様々な事を調べて実践してるときに出会ったのが小指に湿布をするというものでした。

小指に湿布を巻き付ける?

小指に湿布というのは、湿布じゃないパターンもあり湿布ではなく布、バンドエイドなど小指に巻きつける種類はたくさんあったと思います。

自分の場合、透明だから気づかれにくいかなと思い、セロハンテープを小指に巻き付けていました。

会社に行くにも小指に何かをまきつける

会社に行きながらなので、他の人からどう見られるかは考えました。

例えば、バンドエイドを小指に巻き付けるとちょっとしたケガっぽく見えるし、ずっとは使えないし、

湿布を小指に巻き付けるのは何も知らない人から見るとクエスチョンマークですよね。

なので、自分はセロハンテープを選んでみました。もちろん最初はバンドエイド、湿布も試しましたが効果に差があったとはそこまで、感じてないです。

実感!小指に湿布で自律神経のバランスが整ったのか、パニック障害も軽減

それでも、自律神経失調症とパニック障害の症状など予期不安などには効果があったと自分は感じるので、小指に何か巻きついてるという感覚が大事なのでしょう。

小指に湿布などを巻き付けるのは、確かに自律神経のバランスとるのやパニック障害などに効果はあったと思います。

自律神経失調症と予期不安からパニック障害に入ってくると思うのですが小指に湿布を巻き付けた日は確かに予期不安など起こりにくかったです。

もちろん自律神経失調症の具合とパニック障害の度合いなどによっては効かないのかなと思いますが、試してみる価値はあると思います。

また、自分が自律神経失調症克服とパニック障害克服のために、自分が実践して試した事を記事にするのでお役にたてたらと思います。

とりあえず、何かに挑戦して一歩踏み出しましょう!


パニック障害の原因と対応のカテゴリーで人気記事

まだデータがありません。