太るとパニック障害が悪化する!?

ちなみに自分は太るとパニック障害の症状がでやすいです。

太るとパニック障害の症状がでる要因が増える

なんで、体重が増えるとパニック障害になりやすか?っていう部分はあまり調べた事がないのですが、

自分が出来事して思う事を下記に記載します。

  • 太るとお腹の脂肪が増えた気?がして、心臓を圧迫され、胸が痛くなる。恐らく実際には自律神経の乱れだと思っています。
  • 太り体重が増えるとよくある生活習慣病で動脈硬化とかの予期不安がある。
  • 胃が痛くなる。胃の病気じゃないかと考え予期不安になる。
  • お腹を壊しやすくなり、腸内環境が乱れ気分が悪くなる

ちなみに自分の体重は

ちなみに体重は74キロの身長は174ぐらいで、

体脂肪が38%、筋肉量が52%、BMI?が24

まあ若干の肥満です(笑)

二ヶ月前の以前は、体重が68キロでした。。

ストレスのやけ食いで太る

原因はわかっています。。ストレスからの食べ過ぎ。。

 まあ、パニック障害と体重が増える事の関係は、主に予期不安の要素が増えて結果的にパニック障害の症状が軽度でもあらわれるといったところでしょう。

太っている状態を解消するには

解決するには、自分の場合はジム通いで脂肪を減らすことと、ストレスからやけ食いをしないことだと思いました。


パニック障害の原因と対応のカテゴリーで人気記事

まだデータがありません。