早寝早起きはパニック障害にも得だと思った

自然に早寝早起きになったというか、

仕事で疲れて帰ってきてそのままバタンキューしてしまうことが多く、寝てしまい結果早い時間に目が覚めるという好循環なんです。

なので自然とそうなったんですが、早起きすると当たり前といえば当たり前ですが、気持ちいい!すがすがしい気持ちに朝からなりますね。特に朝日を浴びると冬はすごく暖かくて気持ちいいです。

巷ではセレトロニンがなんだかんだと言われていますが、そんな事を意識しなくても単純に気持ちいい、すがすがしい気持ちになるので、早寝して早い時間に目を覚ますのはおすすめできます!

今まで家での仕事は、会社から帰ってきたら深夜三時頃までしてました。
そして朝、起床時間は遅刻ぎりぎりもしくは遅刻してしまっている時間でした。
そんな生活ストレスにもなりますし、体も壊してしまいますよね。

これって、先に話した通り自然に習慣づいたのですが、自分みたいな人間はそういった流れがないとなかなか習慣づけられないと思いました。

早寝早起きは気持ちよく一日のスタートを切れるから、その一日が気持ちよく過ごせ、体の調子も良くなっている場合が多いですね。

また副産物として、会社に遅刻しないようになった(笑)


パニック障害の原因と対応のカテゴリーで人気記事

まだデータがありません。