ヨガの動作でだいたいの疲労は取れる

かなり体が疲れてる時がありますよね。。

例えば、

  • 長時間歩いたとき
  • 普段しない事をしたとき
  • 気疲れしたとき
  • 横になっても足の気だるさがとれないとき

こんな時が日常的にあると思います。

疲労感をそのままにしてても良いことはありません。例えば、筋肉が強張り、緊張をし不安症がでてそこからパニック障害になるなどなど、、

何かしら体に疲労感が残ってるときは、家に帰り横になり少しボーとしてから、簡単なストレッチ的な要素も取り入れた簡単なヨガを自分のペースで行います。

ヨガの動作を少し忘れたり、順番をまちがたりしてもまったく気にしません。

そうこうしてまったりしながらヨガると、

あら不思議(笑)

疲労感が軽減、もしくはなくなってるじゃないですか!

だいたい疲れた日はヨガをして疲労感を取り眠りにつきます。

ヨガの具体的なやり方は今度ゆっくり記事にしますね!


パニック障害の原因と対応のカテゴリーで人気記事

まだデータがありません。