寝不足は自律神経失調症を本当に悪化させる

いろんな特集とかまとめとかにかいてあるけど、

寝不足で自律神経失調症が悪化

寝不足は自律神経失調症の症状を分かりやすく悪化します。

例えば自分の場合の悪化の仕方は、

  • イライラ
  • 焦燥感
  • 体の痛み
  • 頭痛
  • 耳鳴り

などなど、

こればかりも、自律神経失調症などになってみないと本当の意味で実感できないんじゃないかと思います。

夜寝れてない

というものの、最近は副業も忙しくなり夜あまり寝てないのです。。

以前も同じような状況だったのですが、無理矢理でも夜早く寝るようにしたところ、わかりやすく体に心にも良い変化が訪れました。

色んな雑誌、サイトなどで睡眠の重要さをよく説いてありますが。あれは本当です。

当たり前すぎて見過ごしてしまいますが、自律神経に良い働きをみせると思います。

寝不足解消は寝る前のストレッチ

もっといいのは、寝る前のストレッチです。

ストレッチも以前は関心がまったくなかったのですが、寝る前にストレッチを行うと次の日に疲れを持ち越しません。

もちろん、日常生活で体がだるいなど思ったときに集中して、二三十分ストレッチを行えばたいていの体の疲れは不思議と感じなくなります。

今回は、自律神経失調症を悪化させないような対策を考えた時に睡眠の重要さを書いてみました。


自律神経失調症の症状と改善のカテゴリーで人気記事

まだデータがありません。