自律神経失調症と友達になり、仕事をしていくには?

一年ぐらい前から自分は自律神経失調症と友達になる感じで生活、仕事を進めてきています。


どういうことか というと、もちろん症状の程度はあるとは思いますが、接し方を変える事によって、自律神経失調症の症状が辛いと思うより「今日はお前(自律神経君)どんな 調子?」「まあ、明日にはよくなってるよ」「止まない雨はないよ」など声をかけたりしながら自分の体の調子と合わせて一緒に行動していきます。


そうする事によって、自分自身の体の調子にあった行動を素直に取るようになり、自律神経が狂いだしてもひどく悪化しないと思います。

自律神経君との付き合い方のポイントは、仕事にいく朝の雰囲気が大事
・朝一番に起きたときの気持ちを観察する
例えば、体が硬い、肩がこっている、だるいなど
・気持ちに余裕があるか?
・天気はどうか?

などなど

朝の状態を確認して、その日の仕事のペースを考えています。
しかし、仕事は仕事なのでなかなか自分のペースで進めることもできないとは思いますが、気持ちだけは少し余裕を持っていけたら大分体調などは違ってくると思います。


自律神経失調症の症状と改善のカテゴリーで人気記事

まだデータがありません。