本当に気づかない内にストレスが仕事とかでたまっている

自分は昔からストレスとは無縁の性各だと思っていました。

なんとなく自分自身で思うのもおかしいですが、優しいし怒ったりしないからストレス溜まんないんだろうなと思っていました。
しかし不整脈がきっかけで、色々考え思い直した結果、怒ったり優しくできるのは、怒る寸前で自分を押さえ込んでいるのでした、そしてそれがストレスになっていたと思います。

そういった思考の方向だとストレスって自分自身見つけにくくなるんだろうなと思いました。

よく思ったことが現実になると言われていますが、本当に現実になると思います。特に自分自身の体に関しては、悪いイメージを持つとそっちにもってかれちゃうんですよね。。

ストレスは何をストレスと思うかによって違ってくるとは思いますが、ストレスではないと感じてる場合も、自分自身の事がわかりきっていないために「え!こんな事で自分はストレス受けてたのか」と思うような出来事があったりします。僕の場合その出来事が不整脈ですが・・

その出来事、体の不調が来てからでは遅いのです。

なので、事前にこれはストレスかな?と「かな?」の時点で何かしら対策をしていると良いと思いました。

自分の場合、

  • 人との接し方
  • 仕事ののめり込み方
  • 仕事のやりかた
  • 家庭の接し方

などを考え対策しました。


自律神経失調症の症状と改善のカテゴリーで人気記事

まだデータがありません。