温かいお湯と温かいお茶は自律神経失調症の症状を軽減する

これほんとの話しというか、実出来事

なんか、いろいろ細かな生活の改善または良い習慣を自分のライフスタイルに取り入れると自律神経失調症の症状も少しずつよくなっていくんだよなーと思います。

その自律神経失調症の症状を軽くするまたは、症状自体を起こさないようにするために、自分がほぼ毎日取り入れてる習慣があります。

それは、起床からお腹に何も入れてない状態の早い段階で温かいお水を飲むこと。そうすると、梅雨の時期で気温の温度差、または低気圧の体の悪影響の一つでもある頭痛がしなくなり、ストレスもやわらぎ、朝のスタートをリラックスして過ごせると思います。

また、第一にお腹の中が空っぽだと思うので、温かいお湯を飲むことによって、お腹が温まる感触を直に感じられ、なんかリラックス、癒されるというか、効いてるというか、そういうのが実感できます。

ちなみに、自分は朝食は家では全く食べないので、起床から朝風呂して家を出て会社につきすぐに職場のウォーターサーバーの温かいお水を飲んでいます。恐らく朝に何かを食べた方でも、職場についてすぐに温かいお湯を飲めば多少なりとも自律神経失調症の症状に効果はあるとは思いますよ。

この記事を読んで頂いてる方にもおすすめしたいです。自律神経失調症にも多少なりとも効果はあると思うので、ぜひ実践してみてくださいね!


自律神経失調症の症状と改善のカテゴリーで人気記事

まだデータがありません。