筋肉痛は不安症を引き起こす

これもあくまで、自分の実出来事なんですけどね。

12月のライブは体をめちゃくちゃ使った日でした。

普段持たなくなった重いものを持ったり、キャリーカートで重いものを引っ張ったり、引きながら長時間歩いたり、、

そうするともちろん、次の日(今日)は筋肉痛になってしまいました。腕、肩、腰、ふくらはぎ、ほとんどですね(笑

前日の練る前にヨガ、ストレッチをやったのですが、あまり効果がなかった感じ。。

普段はちょっと体が疲れたもしくは動かしてたなら、その日の練る前のケアであるヨガ、ストレッチをやったら、次の日は軽快な体になり疲れも取れていたのですが、今回は違っていたわけです。。

そして次の日筋肉痛になると、自分の経験上、不安に心がなりやすいと感じています。

恐らく、筋肉が傷つけられ緊張していると血流が滞りやすくなります。

血流が滞ると頭の方にももちろん血流、酸素がいかなくなり、本来は頭に血流、酸素が届いて正常?な思考をするはずの脳みそが人間でいうところの栄養不足になってしいます。

そうすると、神経も正常に機能しなくなり、不安な要素が関連する神経にも悪影響が出て、結果予期不安、急激な不安が襲いかかってくる様な出来事になるんだと思います。

自分の場合、こういう時はこういう風になりやすい。
例えば今回の場合、筋肉痛だと不安症になりやすいという風に、自分自身に認識があるだけで防げると思います。

筋肉痛を防ぐにはという話になってしまうと、
ジムに行って体づくりして、自分自身の認識を変えていけば大丈夫かなと思います。


不安症・予期不安に関連する記事のカテゴリーで人気記事

まだデータがありません。