小指に湿布するとパニック障害がやわらぐ気がする話

発症直後はパニック障害の症状が酷かった。。

色々な不安感に悩まされたり、毎日心ここにあらずな間隔で生活をしてました。
たまに嫁と外にでかけると離れ離れに別の場所に行くことになったりするんですけど、例えば自分hな本屋、妻はスーパーで、待ち合わせ場所はここにみたいな時。
その時に自分が早めに本屋を切り上げて待ち合わせ場所にいくと「嫁がいない!」という気持ちになり、そこから「もう一生会えないんじゃないのか」などと考えを思いめぐらし、強烈な不安感からいてもたってもいられなくなり、
スーパーを探し回るなんていうことがありました。

あの強烈な不安感は出来事した人じゃないと絶対にわからないと思います。

最近はパニック障害は落ち着いてきたのですが、酷かった時期にWEBで予防する事などを検索しまくって実際に効果があった一つのことをお教えしたいと思います。

それは、右小指に爪の生え際のちょっと上に湿布を巻きつける事です。
これはWEBで知ったことなのですが、実際に効果があったように感じました。
自分は一時期、毎朝会社行く前に小指に湿布を巻きつけ出社してました。
小指の爪の付け根には自律神経を整えるツボなどがあり。恐らくそこが刺激されていい方向にいくんだろうと思います。

これは個人差はあるとは思いますが、パニック障害に効果はあると思える民間療法?だと思います。


自律神経失調症の症状と改善のカテゴリーで人気記事

まだデータがありません。