早寝、早起きすると体調がいいという出来事

私は、自律神経失調症、パニック障害、不安症など患っているのですが。。

ここ最近は早寝早起きをしています。
というものの、単純に夜仕事から帰ってきて、ご飯食べて、少し消化させると眠気が自然にでてきて、22時頃にはもう眠気の誘惑に負けて布団に潜り込んでしまうようになったのです・・

そうしたら起きる時間が朝の6時とかに自然になり、会社行くまでの約3時間ぐらいは家での仕事をしております。

以前の生活では夜23時頃に帰ってきて、夜中の3時頃まで家の仕事をしているというかなりやばい生活習慣でした。
よく考えるとそりゃ体調も悪くなるよなという感じですね。

それが早寝、早起きを心がけると出来事できる効果として

  • 不安症的な部分がほぼなくなりました。
  • 自律神経のバランスもくずれにくくなったと思う
  • 不安症がほぼなくなった事により、多少のパニック障害では動じなくなった
  • 早起きして仕事をすることで時間をうまく使えてる気がして自己満足につながり、それが自信につながる
  • 会社で遅刻することが少なくなる

しかし、この生活がいつまで続けられることやら、、
やはり家でも仕事をしている事から、その仕事の量でもちろん大分、家での作業時間が変わってきます。
もちろん増えないと家計もきびしいのですが、増えら作業時間も増えてしまうので、早寝早起きなど言ってられないのです・・

そこら辺が今後の課題なような気がする、今日この頃。


自律神経失調症の症状と改善のカテゴリーで人気記事

まだデータがありません。