自律神経失調症の朝の症状を改善する過ごし方

なぜが朝に自律神経失調症の症状がでて辛い時がありませんか?

朝は本当は自律神経が整っている状態です

本来朝は、前日の自律神経の流れをリセットされた状態で、起床するのが正常だと思います。

しかし、現代の様々な要因で自律神経のバランスが崩れてしまい、急な動悸や交感神経が優位過ぎてそのまま朝を迎える時もあります。

朝の自律神経失調症の症状を改善していきましょう

この記事は、おかしくなった自律神経のバランスを朝の過ごし方で改善していけたらと思います。

自分の出来事から考えるに朝の行動で一日の自律神経のバランス加減を整えることができると思っています。

自律神経失調症を朝の時間帯を使い改善

下記に記載した、朝にする行動リストを行うと自分の場合、自律神経失調症が改善していく傾向がみられました。

朝にする行動リスト

  1. 朝風呂です。をして、身体を眠っている状態から起こす。交感神経が高まっているならそれを丁度よくしてくれます
  2. 朝のヨガです。ヨガは不思議と心と体を落ち着かせる効果があると自分の出来事から思います。
  3. ストレッチです。ストレッチは体を伸ばして身体的な効果はもちろんのこと、リラックスする効果もあると思います。
  4. ウォーキングです。朝の忙しい時間にウォーキングするのは難しいと思うので、通勤時に一駅歩いて出社するなどしてました。
  5. 朝日を浴びる。朝日を浴びると、科学的にも認められてるようですが、自分の実感として確かに清々しい気持ちにもなれるので、効果はあると思います。

これらは、自分の自律神経失調症を改善した出来事からのリストなのでやってみる価値はあると思います。

自分の出来事から

自身が自律神経失調症になって、本当にいろいろ治したいがため、試しました。
朝にする行動リストは、管理人自身が試して実際に実感した結果です。

だめだめな朝の自律神経を逆に、朝の時間帯で改善することが、この朝にする行動リストで、できるかもしれません。

その結果、朝の動悸や自律神経失調症の症状が落ち着けば、その日の心のバランスはだいぶよくなっていくはずです。


自律神経失調症の症状と改善のカテゴリーで人気記事

まだデータがありません。