自律神経失調症の原因はコーヒ(カフェイン)

結論、自分の場合は発症時を考えるのとコーヒ(カフェイン)が間接的な自律神経失調症の原因なのかもしれません。

コーヒ(カフェイン)をたくさん飲んでた

何がストレスで自律神経失調症を起こしてたかというと、当時自分は社長の期待もあり様々な仕事をしてて忙しく、ストレスがたまっていたと思います。

発症時には、様々なカフェイン入りの栄養ドリンクやコーヒーを机に並べ、試し飲みをしているかの光景でいろんなカフェイン入りの飲み物を飲んでました。

コーヒー飲んだ後に自律神経失調症の症状

最初は、頭がむずむずしてました。それからの日から自律神経失調症の症状が、、

なので、自律神経失調症の間接的な原因はカフェインだと思います。

カフェインと過剰なストレスが加わり自律神経失調症を発症したのだと思います。

しかし、自律神経失調症の原因は人それぞれだと思います。その原因を考え日常生活から取り除く事が今までの自分の経験上必要な事だと思います。

とりあえず、コーヒー(カフェイン)を排除

仕事のストレスも原因になっているのなら、仕事をズル休みや丁重に上司のお願いを断るのも必要な事だと思います。自分はよくしてました(笑)

そうやって、自分で自律神経失調症になった原因のコーヒー(カフェイン)を排除すると諸症状もよくなってきました。

自分は不整脈の疑いがでた時も自律神経失調症の原因を考え排除していくと不整脈の症状も不思議と収まりました。

なので、本当に自律神経失調症の原因を自分で考え、今回の場合はコーヒー(カフェイン)を排除するのが苦しい時期を乗り越える秘訣だと思います。


自律神経失調症の症状と改善のカテゴリーで人気記事

まだデータがありません。