自律神経失調症の不整脈を治す方法

あくまで自分の自律神経失調症から不整脈になった経験上の治療方法です。

不整脈が自律神経失調症で発症する

自律神経のバランスを崩すと不整脈になりやすいようです。

とりあえずストレスや不満が溜まっている事柄を避けて逃げましょう。

逃げるという言葉に敏感な方もいると思いますが、自律神経失調症が酷くなりうつ病やらに移行するよりかは良いと思います。

不整脈が起きた理由

例えば自分の経験からの話ですと、自律神経失調症で不整脈のような心臓が圧されるような感覚が頻繁におきるような時期がありました。

その時期は仕事でストレスがかかっている事が自分自身でも分かっていました。

具体的に話すと仕事で長時間の残業で泊まり込みも多々あり、本当に苦しい状態でした。

そこで、不整脈が発症しました。

自律神経がストレスにより崩れました

なので、そのストレスをなくす治療、不整脈のような感覚をなくすように考え、仕事中のところでも「お先に失礼します」と伝え帰るようにしました。

まあ、それを逃げて不整脈を治療すると言ってもおおげさじゃないぐらいの仕事の量でした。

仕事から離れて不整脈は収まりました

で、肝心の自律神経失調症の症状である不整脈みたいな症状が、ストレスの根源である仕事から逃げるという治療によって、どう症状が変わったか、、

そのものズバリ、徐々に不整脈のような症状はなくなり最終的には1番不安な症状がなくなりました。

なので、自律神経失調症の治療には逃げるというのも効果的だと実出来事で思いました。


自律神経失調症の症状と改善のカテゴリーで人気記事

まだデータがありません。