ストレスで不整脈に!知らない内にストレスはたまります。

職場のストレスで不整脈のような症状がでました。最終的には不整脈は収まりますが、不整脈を解消した方法を含め記事にしました。

仕事場のストレスで不整脈に

自分はパニック障害の後に、職場のストレスで自律神経が崩れたのか、不整脈になりました。

仕事中に急に胸が圧迫さるたようにきゅっとなるのです、不整脈がでるタイミングは職場で話しかけられた時が多いような気がします。

恐らく残業が重なり心身ともに疲れて仕事がストレスと感じてる時だからだと思います。

けど、不整脈がでた時は本気で焦りました。

心臓の精密検査をしました

胸のCTスキャンをしたり、一日中心臓の動きを記憶する心臓ホルダーを着けたりエコーをしたりしましたが問題は全くなかったです。

そうなると、自律神経失調症しかないなと思い。ストレスに対しての自律神経失調症の症状が起きないようにいろいろ調べました。

ストレスの元凶である上司に不整脈を報告

職場の上司に相しました。

そうしたら、無理のないスケジュールでストレスなく仕事を進められるように調整してくれたのです。

そうしたら、残業のストレスが薄まると共に劇的に不整脈の症状はなくなってきました。

ストレスからの不整脈を防ぐには

まず、難しいかもしれませんが、話のわかる人にストレスによって不整脈が出てることを知らせよう。

それと、同時にストレス対策と同時にいろいろストレスに対する対処法を調べてヨガ、筋トレ、軽い瞑想などしておりました。

それらもストレス解消に役に立ち結果的に不整脈が止まったのかもしれませんね。


不整脈の記事のカテゴリーで人気記事