体に痛みがでた時の健全な考え方

やっと安息の日々を過ごせるか~?!

体が痛んだりするとやはり、不安になるし不安症にもなり予期不安もでる。

その痛む場所が心臓付近とか、頭とかだと更にやばい状態になり、頭ではわかっているのだが、予期不安からパニック障害になりやすい。

そうならないのは、

  • 日々の生活の充実
  • ストレス解消
  • 体を動かす事

とかがポイントな気がする。

とまあ、

一旦体の痛みもひいて、顎のカクカクも少くなりました。

きっかけはいつも毎週末行ってるジムのヨガと筋トレなのかな~

ヨガで体のバランスがとれたのかなーと思います。

更に日が経つにつれて、体が自己治癒のように、筋肉骨格などをちょうどよいバランスにしてくれる感じでしょうか?

けど、最近定期的に、体の痛みとか骨格のおかしくなって、背中、顎とかが痛くなるのは、

日々、体を鍛えて筋肉痛を乗り越えトレーニングして筋肉がつき、

他の筋肉がない部分とのバランスを体が調整していると考える神秘的ですね~

今後は下半身も鍛えないとなー

という風に体が痛いことを良いふうに捉えて考えてると心にもいいかも~


不安症・予期不安に関連する記事のカテゴリーで人気記事

まだデータがありません。