腕時計の重さで体が歪む

それがどんどん悪化すると自律神経のバランスも崩れやすく、神経や血流の邪魔をして体調不良に、、

あくまでも自分の出来事ですよ~。

ここ最近といっても約2ヶ月ぐらい前からですが、右肩と右肩の後ろらへんがすごく張ったように感じます。

その時期を考えると顎関節症の症状がでてきたときなのかな~と思います。

これ実はもうひとつ同じ時期にしたこたがあるのが、右腕に少し重めの時計をし始めたんですね。夏だし(笑)

そして、顎関節と時計をしている手と、膝が少し悪くなったかな?と思うのが、全て体の右側なんです!

これ、明らかに体歪んでる!と思うと同時に

これは、少し重い時計が腕を不意に引っ張るじょうたいになっており、その悪影響が顎関節、肩の張り、膝の不調を引き起こしてるなとっ!

ということなので、右手にいつもしてた腕時計をはずしてみました。

嘘かと思うかもしれませんが、とりあえず体が少し軽くなった気がしました。階段をちょいダッシュでかけ上ったり(笑)わかりやすすぎる自分が嫌になります(笑)

とりあえず、今日から体の右側の顎関節症と肩の強い張り、膝の不調の経過をみていきたいと思います。

恐らくですが、体の歪みが引き起こす様々な症状に驚いた私でした。


顎関節症の記事のカテゴリーで人気記事

まだデータがありません。